Start

初めての方へ

高気密・高断熱スーパーウォール工法

住まいの本質は、暮らしの質を高める環境をつくること。
当社の家づくりは、住まいの本質を極め、人と環境に優しい住宅性能を追求。
『住宅性能』の最高水準を目指す、確かな技術と品質で、暮らしの質を進化させる住まいを実現します。

高性能スーパーウォール・パネルなどの部材は、株式会社LIXILで生産されています。

「快適」「健康」「省エネ」「安心」を最高水準にまで高めるために「暮らし性能」を追求してます。
当社の家づくりは、高性能なスーパーウォールパネルと高断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密・高断熱・高耐震構造。
快適・健康・安心・省エネという観点から、暮らしの質を最高水準にまで高め、その違いを実感していただける「暮らし性能」を追及しています。

温熱環境

部屋間の温度差だけでなく、上下の温度差も3℃という快適性。

気密・断熱性にすぐれた当社の家づくりは、部屋間の温度差だけでなく、部屋の上下の温度差が少ないことも実証されています。

建物全体を断熱材で包み込んだ魔法瓶のような空間です。

夏も冬も外気温に左右されにくい快適な室内環境を実現するポイントは、高い気密・断熱性にあります。

(一社)日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及促進センター
「省エネ建材で、快適な家、健康な家」より

高断熱窓

住まいの快適さを守る高い断熱性能

ハイブリッド窓でありながら、樹脂窓同等の断熱性能を実現。
室内の快適さを守り、住まいの省エネ性を高めます。

まるで窓が存在しないかのようなシンプルなデザイン

従来品 樹脂窓に比べ、フレームを50%スリム化。
外と内がつながる、心地よい窓辺を実現します。

高気密

C値(隙間相当面積)について

住まいには見えない隙間がさまざまな箇所に存在しています。
隙間が多いと、いくら暖房や冷房を行っても漏れてしまい、快適な室内環境を保つことができません。
したがって、暮らし心地を高めるためには、住まいの気密性は重要なポイントになります。
気密性能はC値(相当隙間面積)として数値化されており、数値が小さいほど隙間が少なく、気密性にすぐれていることを示します。
当社では、C値0.5を基準とし、一邸一邸、気密測定を行い、性能報告書にてご確認いただいております。

空気環境

計画換気システムで24時間、健やかな空気を保つ

住まいの隅々にゆるやかな空気が流れるため、空気のよどみを少なくし、カビ・ダニの発生を抑えます。
家族や住まいの健康を害する、カビ・ダニの発生は空気のよどみも原因のひとつになると言われています。
室内の空気をきれいに保つことによって、アトピーや喘息の改善にもつながります。
また、高い気密性によって隙間を少なくすることで、外気とともに出入りするホコリや花粉などを大幅にカットします。

品質保証

35年無結露保障

スーパーウォールの家は、万全の品質管理と保証でお応えし、一邸一邸で実施する住宅性能の確認から部材の保証まで、建てる前も建てた後も、安心の品質をお約束します。